Honda Cars 神奈川東 採用サイト

インタビュー

2012年入社
 サービススタッフ
松下 航さん

お客様一人ひとりの乗り方に合わせた整備を

初めてプロの現場に出たときの気持ちは?

自動車整備士になることが、高校生の頃からの夢でした。ずっと追いかけてきた夢だったので、プロの現場に出た時は、「ついにサービススタッフとして活躍できるんだ」という嬉しさが込み上げてきたことを覚えています。

仕事をするうえで心がけていることは?

お客様一人ひとりに合わせた整備をすること。例えばサイドブレーキの硬さを一つとっても、お客様の情報を事前に営業スタッフから聞いて、年齢や性別に合わせた調整をするようにしています。経験を重ねていくうちに、クルマを見ただけでお客様のカーライフが想像つくようになるので、それもまた自分の成長を感じられて、仕事がますます楽しくなっていきます。

サービススタッフの仕事のやりがいとは?

一番やりがいを感じるのは、やはり大きな故障を担当した時です。例えばエンジンがかからなかったクルマを走れるようにしたり、動かなくなったものを自分の整備によって蘇らせる瞬間は、本当に達成感があります。

休日の過ごし方は?

釣りによく出かけています。釣れても釣れなくても、釣り糸を垂らして、眺めているだけでリラックスできるんです(笑) 会社の仲間たちとも仲が良いので、一緒に行くことも多いですよ。

今後の目標は?

今はサービススタッフとしてもっと成長できるように日々スキルを磨いている段階ですが、将来はサービスフロントや工場長など、チームをマネジメントする側のスタッフになれたらいいですね。そして、いずれはHonda Cars 神奈川東という会社自体を支えていくような存在になれたらと思っています。

一日の流れ