Honda Cars 神奈川東 採用サイト

インタビュー

2019年入社
 サービススタッフ
髙木 伶恩さん

誰かの役に立ちたい、喜ばせたい、整備士に向いているのはそんな人。

ゲームプログラマーから整備士へ、運転してメカの世界に開眼。

私が整備の道に進みたいと思ったのは随分遅く、免許を取得してからのこと。当時ゲームが好きでゲーム制作のプログラミングを勉強していたのですが、作るのとプレイするのとでは大違い(笑)。こういう仕事は自分には向いてないんじゃないかと感じ始めていた頃でした。免許取得後、初めて運転したクルマにものすごく感動し、興味を覚えたんです。どういう構造で、どんな機械が集まって、こんな風に走ったり曲がったりできるんだろう。そんな疑問から一つひとつのパーツに注目し、そのメカや機能を調べてゆくうちに、どうしても整備士になりたいという気持ちが沸き上がってきました。その後職業訓練校で整備を学び、好きだったHonda車の整備に携わりたいということでこの会社を選びました。

至らないことばかりの日々も、少しずつ改善することで進歩する。

新人(2019年12月現在)の私の業務は、主に初回点検や定期点検、車検など、点検作業が中心。最初は作業にすごく時間がかかってしまい、どうすればいいのか戸惑うことばかり。そこで先輩に指導していただき、その作業や動きを見ているうちに自分との差に気づき、繰り返し改善することで少しずつ作業時間を短縮できるようになりました。とはいえ、先輩とはまだまだ知識や技術に差があるのは事実。いろんなことを教えていただきながら、少しでも早く先輩たちのように何でも解決できるようなメカニックになり、後輩たちから頼られるような存在になりたいと思います。

お預かりしているおクルマだからこそ、きれいに、気持ちよくお返ししたい。

早く作業を終わらせることはもちろん大事ですが、私が一番心がけているのはきれいに作業すること。私が扱っているのは自分のクルマではなく、お客様からお預かりした大切なおクルマです。どんなに早く作業を終わらせても、クルマにオイルなどの汚れが付いていたらお客様はがっかりしてしまい、「もう二度とこのお店にクルマを任せたくない」と思われるはず。点検や修理をきちんと終えた上で、しっかりときれいな状態でお客様におクルマをお返しする。そうすることで「またこの店にクルマを任せたいな」と安心していただけると考えています。先日作業後、ピットにおクルマを取りに来られたお客様が、わざわざ私の方に向かって「ありがとう」とおっしゃっていただけたときは本当にうれしかったです。これからもそのときの気持ちを忘れず、きれいに、丁寧に作業をしたいと思います。

発展途上の私を支えてくれるアットホームな環境に感謝。

当店は地元密着のアットホームな雰囲気の店舗です。決して真新しい店舗ではありませんが(笑)、清掃や整理が行き届いており、お客様に気持ちよく過ごしていただけると思います。そのあたたかく、居心地の良い空気感は、おそらくスタッフ全員の気持ちからにじみ出るもの。先輩後輩の垣根もあまりなく、私のような新人の意見もきちんと聞いてもらえますし、困ったことやわからないことは理解できるまで丁寧に教えてくれます。もちろん仕事に対してはシビアですし、ミスや間違いに関しては厳しく指摘されます。でもお昼の休憩時間や閉店後には本当にリラックスした雰囲気で、冗談を言い合ったりすることも。これからまだまだ成長しなければならない私にとって、とてもいい環境に恵まれていると思います。

選ばれているが選んでもいる。就活時のチャンスを逃さないように。

技術や知識は整備士にとってとても大切です。そこに対する探究心や執着心はもちろん必要ですが、誰かを喜ばせたり役に立ちたいと思える人。経験の浅い私が言うのもヘンですが、そういう人が整備士に向いていると思います。先程も言いましたが、私たちが扱うのは自分のクルマではなく、お客様のおクルマ。それをどう整備、点検し、お引渡しすればお客様に喜んでいただけるのか。そんな目線で考えられる人は、自ずといい仕事ができると思います。就活は、自分が働きやすい環境を選べる大切なタイミング。会社が学生を選ぶ機会ですが、学生が会社を選べるチャンスでもあります。たとえ同じ整備士職でも、たくさん見比べてどの会社が自分にあっているのか、しっかり見極めてください。

サービススタッフの仕事とは

車検や点検をはじめ、お客様のおクルマを最適な状態へと確実に、スピーディに修理・整備するのが基本。しかしそれを判断されるのはお客様。お客様が納得できるサービスを提供することが一番重要だと思います。

求められるスキルは

作業を行う前にまずしっかりと考え、判断すること。そしてその判断を着実に実行する行動力も大切です。そしてどんな時も焦らず、慌てず、それでいて正確に作業する精神力も必要です。

判断力
行動力
精神力

私のお店の ベテラン STAFF INTERVIEW

すごく真面目で、お客様にもきちんと向き合おうとしている。そこが気に入っています。
見た目はおとなしそうですが、ハキハキと話をしますし、笑顔がとてもいいんです。個人的にこのギャップが気に入っていて、早く接客ができるように育てたいと思いました。本人からも「サービススタッフとして体が細いことは不安を感じさせますか?」など、お客様を意識した姿勢が伺えます。また先輩たちの作業を観察し、メモを取る真面目な一面も。早く整備の知識とスキルをレベルアップさせ、現場のリーダーを目指してほしいですね。(勝田 友章店長)

一日の流れ